広東省広州市で起こった家政婦による高齢者連続殺人事件が中国で話題となっている。 高齢化が急速に進む中国では、高齢者の世話は住み込みの家政婦が担うケースが多い。 だが、「厄落とし金」が殺人の引き金になるなど、家政婦を巡る制度の未成熟な側面が問題視されている。