銃社会といわれる米国。2014年に21州で銃による死亡者数が交通事故死を上回った。 「自衛する権利」は外国人には理解不能だが、西部開拓以来根づく米国のカルチャー。 大統領選の争点にも浮上しつつあるが、歴史と文化に根ざすだけに時間がかかる。