パソコン、スマホに続く「IoT端末」の覇権争いで、米アマゾン・ドット・コムがリードし始めた。家電・自動車大手が相次ぎ、アマゾンの音声アシスタント「アレクサ」の採用を決めたからだ。IoT時代の王者は、米アップルや米グーグル、米マイクロソフトではなくアマゾンかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1395文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題