パソコン、スマホに続く「IoT端末」の覇権争いで、米アマゾン・ドット・コムがリードし始めた。家電・自動車大手が相次ぎ、アマゾンの音声アシスタント「アレクサ」の採用を決めたからだ。IoT時代の王者は、米アップルや米グーグル、米マイクロソフトではなくアマゾンかもしれない。