スポーツ用品世界大手の独アディダスが、今夏にも本国で新たな生産工場を本稼働させる。最新のデジタル技術を駆使し、従来よりも圧倒的に早い納期の生産体制を構築、首位の米ナイキを追う。その拠点戦略は、台頭する保護主義を克服するグローバル企業のスタンダードとなる可能性もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2630文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。