スポーツ用品世界大手の独アディダスが、今夏にも本国で新たな生産工場を本稼働させる。最新のデジタル技術を駆使し、従来よりも圧倒的に早い納期の生産体制を構築、首位の米ナイキを追う。その拠点戦略は、台頭する保護主義を克服するグローバル企業のスタンダードとなる可能性もある。