アマゾンとグーグルという巨人同士の大バトルが耳目を集めた今年のCES。スタートアップに目を転じれば、昨年に続きフレンチテックの躍進が目立った。各国が起業家支援を競う中で、我らが日本はどうだっただろうか。

ニューヨーク支局 篠原 匡
1999年、日経BP社入社。金融・不動産や遊軍担当、日経ビジネスオンライン記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。
<span class="fontBold">エウレカパークのフランスブース。「La FRENCH TECH」のロゴ自体がクール</span>
エウレカパークのフランスブース。「La FRENCH TECH」のロゴ自体がクール

 米ラスベガスで開催された「CES 2018」。主役の座をさらったのは、米アマゾン・ドット・コムと米グーグルによる音声アシスタント対決や次世代自動車だったが、スタートアップの世界に目を転じれば、昨年に続きフランス勢の躍進が目立った。事実、世界のスタートアップが集まるエウレカパークに足を運ぶと、“La FRENCH TECH”というロゴを掲げたブースが存在感を示していた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1001文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。