米国の大手自動車メーカーが「脱メーカー」にかじを切り始めた。視野にあるのは、タクシーなど自動運転車を使った交通サービスだ。先行するグーグルやウーバーに真っ向から勝負を挑む。