2015年、経済団体のトップに就き、不祥事に揺れる東芝の社外取締役も引き受けた。名門企業のガバナンス崩壊は即ち、日本の危機である。失った信頼を取り戻すには、経営者の真価が問われると説く。