本業だった写真フィルムの需要喪失という危機を乗り越えた古森重隆氏。高機能材料など成長分野へ業態を転換し、15年間トップとして走り続けた。引退が迫る中、次なる挑戦として掲げたのは、畑違いのベンチャー育成だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2135文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本が危ない」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。