創業137年の製薬会社が大胆な改革を経て変わった。迫っていた「死期」を克服。過去4年で株価を6倍に高めた。変革者は創業家出身でも再建請負人でもない。生え抜きながら無責任な「サラリーマン社長」と一線を画す。変化こそ適者生存の条件──その改革の軌跡を追った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3319文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本が危ない」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。