創業137年の製薬会社が大胆な改革を経て変わった。迫っていた「死期」を克服。過去4年で株価を6倍に高めた。変革者は創業家出身でも再建請負人でもない。生え抜きながら無責任な「サラリーマン社長」と一線を画す。変化こそ適者生存の条件──その改革の軌跡を追った。