最高益を稼ぐ企業が相次いでいるが、ニッポン株式会社の競争力は本当に回復したのか。リーマンショック以降、高い成長を遂げた企業を調べたところ、上位はアジア企業が独占した。日本の大企業は総じて振るわない。今こそ、新たな産業の担い手が必要だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2337文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年1月11日号 38~41ページより

この記事はシリーズ「特集 日本が危ない」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。