熊本地震や河川氾濫など、様々な災害に見舞われた2016年の日本。地震・気象学的および確率論的には、2017年はさらに大きな天変地異が発生してもおかしくない。一方で、自然災害に並ぶもう一つの日本のリスク、外交は「均衡を保つ」というのが本誌の結論だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り489文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2017年1月9日号 42~43ページより

この記事はシリーズ「特集 2017年 紅白予測合戦」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。