様々なヒット現象を自ら巻き起こしてきた4人の企業家の予測。そこに本誌考案「ヒット6原則」を加え、「2017年売れる商品」を選んだ。歴史的検証と名企業家の勘が示す今年のヒットは、この6品だ。

<b>JR東日本が5月から運行を始める「トランスイート四季島」は東日本を4日間かけて周遊する</b>(写真=読売新聞/アフロ)
JR東日本が5月から運行を始める「トランスイート四季島」は東日本を4日間かけて周遊する(写真=読売新聞/アフロ)

 スマホ市場は限界と見る高田明氏と、スマホ技術は2017年から収穫期とする藤田晋社長。

 開始早々、「白組」同士で意見が分かれるという波乱の展開になったかにも見えるが、2人の予測は食い違っているわけではない。高田氏が転換期を迎えると言っているのは狭義のスマホ関連市場。藤田社長は、スマホ技術の進化で周辺産業が活性化すると指摘しているわけで、そこに矛盾はない。

 さて、4人の経営者が予測した「2017年のヒット・新技術」を改めて整理してみると、おおむね次のようになる。

 ①高齢者がより幸せに生きるための商品(高田氏)②子供の感性を磨く商品(同)③訪日外国人向けの独創的なサービス(元谷芙美子社長)④シェアリングエコノミー関連(藤田社長)⑤動画関連市場(同)⑥新しい乗り物(中澤優子CEO)⑦4K関連(同)──。

 これらの予測をベースに、日経BP社「日経トレンディ」の2016年12月号特集「2017ヒット予測100」も参考にして、今年、消費者の心をつかむヒット商品候補をより具体的に予測していこう。

続きを読む 2/3 鉄板の“高齢者幸せ市場”

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2244文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2017年 紅白予測合戦」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)