浮き沈みの激しいIT業界にあって、1998年の起業以来、第一線を走り続けてきた藤田社長。それができたのは、その先見の明で「次に来る技術」を見極め、ネット広告からゲーム、最近ではネットTVと、事業の柱を次々に増やしてきたからだ。白組2番手は不沈の企業家。テーマは2017年注目の新技術だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2424文字 / 全文2454文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題