全9141文字

「大きいことはよいことだ」を信じて成長を追求した大企業は今、分岐点に立たされている。自社の戦略を株主や社会にどう理解してもらうか。新たな動きが現れている。低成長時代、大企業は自らの手で、会社の新しいカタチを探り始めた。