飢餓とは縁遠い日本社会、そこに様々な制度や支援が人々を支える。もはや、カネのためだけに、会社で働く必要はない──。そうして「労働」を放棄した人々が、自らの能力を小さな地域で開花させていた。

<span class="fontBold">地域おこし協力隊として遠野に移住してきた起業を目指す人々。定期的に集い、互いの事業の進捗を報告し合う</span>
地域おこし協力隊として遠野に移住してきた起業を目指す人々。定期的に集い、互いの事業の進捗を報告し合う

 柳田國男の『遠野物語』の舞台となった岩手県遠野市。座敷わらしやかっぱなど、柳田がこの地の不思議な伝承を記してから約100年。遠野には再び不思議な生態系が生まれつつある。

 「ベーシックインカムで起業できる仕組みをつくる」

 そう宣言するネクストコモンズラボ代表理事の林篤志が、最初の「実験地」として4年前に選んだのが遠野だった。

 新しい社会の構築を目指す林は、総務省が2009年から実施している「地域おこし協力隊」の制度に着目した。地方に移住して活躍する人材の支援制度で、1人採用すると自治体に年最大400万円が支給される。隊員は、ここから月15万円程度の「給料」を受け取る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6811文字 / 全文7263文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「50周年記念特集 会社とは何か 組織と働き方の未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)