価格競争に巻き込まれた「モノ作り」は、下請けや海外工場と利益を奪い合う。一方で、地域の復興を目指し、小さな取引をつなげて利幅を高める企業が産声を上げる。そのストーリーが、さらに人を引きつけて、「信頼」ある生態系を広げていく。

 JR吉祥寺駅(東京都武蔵野市)の北口を出て、にぎわう商店街を抜け、細い道を曲がると、人通りも少ない中に、ぽつんと小さな店舗が姿を現す。ここは今、聖地とも言える場所になろうとしている。

<span class="fontBold">Knotの原点とも言える東京の吉祥寺の1号店に立つ社長の遠藤弘満。テーブル1つの小さな店に、若者や外国人、地元の住民などが次々と訪れる</span>(写真=的野 弘路)
Knotの原点とも言える東京の吉祥寺の1号店に立つ社長の遠藤弘満。テーブル1つの小さな店に、若者や外国人、地元の住民などが次々と訪れる(写真=的野 弘路)

 Knot(ノット)吉祥寺ギャラリーショップ。

 海外も含む14店舗を展開し、2桁成長で20億円の売り上げに到達した腕時計メーカーは5年前、この地にひっそりとオープンした。

 「完全な日本製の時計を作る」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7025文字 / 全文7428文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「50周年記念特集 会社とは何か 組織と働き方の未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。