「会社」という組織の中に、社員を囲い込む時代が終わろうとしている。副業や社外活動を通して組織の壁に穴を開ければ、眠っていた社員の能力が解き放たれる。人口減少と人材不足の中、「会社」という概念は大転換する。

 「ある意味、『会社は悪だ』と思っている人が多いんです。優秀な人を抱え込みすぎているし」

<span class="fontBold">社長の机も壁が低い。ロート製薬社長の山田邦雄は社員をつかまえて関西弁で声を掛ける</span>(写真=村田 和聡)
社長の机も壁が低い。ロート製薬社長の山田邦雄は社員をつかまえて関西弁で声を掛ける(写真=村田 和聡)

 ロート製薬広域営業部リーダーの佐藤功行(37歳)はそう苦笑する。大手ドラッグストアへの営業を統率する重要な任務を負っている佐藤だが、実は、もう1枚の名刺を持っている。

 「株式会社バトンプラス取締役」

 同社は北海道十勝地方の浦幌町で、衰退する林業を復興するため、佐藤らが2018年6月に設立。樹齢50年の立派なカラマツがあるが、1本6000円程度にしかならない。柔らかくて傷つきやすいからだ。そこで大学教授に相談して、最初からダメージ加工を施した。住宅改修向けの古民家風木材として、4~5倍の値段がつくようになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6613文字 / 全文7096文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「50周年記念特集 会社とは何か 組織と働き方の未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/