全4159文字

会社が急成長を続けた時代、株主は「神」へと上り詰めた。世界を動かす権力を握った者たちは、富の集積を続けていく。だが、人々は疲弊し、天を目指した城は足元から崩れようとしている。

(写真=bpk / Hermann Buresch/AMF /amanaimages、Siam Anik / EyeEm/Getty Images)

 株主は「神」である──。

 オリックスのシニア・チェアマン、宮内義彦はそう信じていた。だが、その信仰が揺らいでいる。

 「経営者は株主に第一に奉仕すればいいと思っていた。業績を伸ばせば、社会に富がもたらされるはずだと」