(写真=Juraj Kovács / EyeEm/Getty Images)
(写真=Juraj Kovács / EyeEm/Getty Images)

 品質データの不正を知っていたのに危険性がある製品の出荷を続ける──。三菱マテリアルの子会社で発覚した問題は、企業の倫理観を問うものだった。

 三菱電線工業は、油や水などの漏れを防ぐシール材に不良がある可能性を知りながら、半年以上も出荷を続けてきた。全体の2割に当たる約2億7000万個に不適合の可能性があった。

 「漏れが生じる恐れはあるが、納入先の大多数は2年~2年半で部品交換している。今のところクレームや苦情はない」。同社の村田博昭・前社長は耳を疑うような認識を会見で口にした。三菱電線のシール材は原子力発電所の原子炉にも使われている可能性がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1482文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 甦れ! ニッポンの品質」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。