日本の製造業に広がる「品質軽視」の風潮。グローバル競争が激しくなる中で、見過ごせない問題だろう。製造業の道を究めてきた「泰斗」はこの問題をどう捉えているのか。

大事なのは問題の「見える化」 IoT時代も人づくりは不可欠

日本科学技術連盟理事長 トヨタ自動車技監
佐々木眞一氏

 トヨタ自動車で品質管理畑を歩み、複数の工場長を経て副社長に就任。2009~10年にトヨタが大規模リコール問題に直面した際には、品質保証担当として、豊田章男社長を支える。トヨタの改善手法「自工程完結」を発展させたことでも知られる。13年トヨタ技監。14年からは日本科学技術連盟理事長も兼任。71歳。(写真=栗原 克己)

 かつて日本の産業界では、経営者が非常に熱心に品質を語っていた時代がありました。今は違います。「品質保証は専門家がやればいい」「現場に任せていればうまくいく」。そう考える経営者が増えていることが、気の緩みにつながっているように思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6597文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 甦れ! ニッポンの品質」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。