突出した経営者に依存せず、バトンを受け渡しながら長期的に企業価値を高めていく。それこそが、一つの持続成長のモデルとも言える。ただ現実的には企業ごとに経営のあり方、トップの役割は異なってくる。どのような経営体制が自社に適しているかは千差万別だ。