大胆な買収や組織再編を進めながらも、地道に企業価値を高めていく。それを実践してきた代表的な企業が、アサヒグループホールディングスとブリヂストンだ。両社は「カリスマ経営者」に頼ることなく、巧みにバトンを渡してきた。