家族を壊したのは誰なのか─。その問いを追いかけると、企業と国家の姿が現れてくる。 「過保護」な施策の一方で、家族に重荷を課してきた日本は、その解体としなやかな再生が求められる。

<span class="fontBold">オンラインゲーム内で「バーチャル婚」をする人々が急増</span>(写真=3点:陶山 勉)
オンラインゲーム内で「バーチャル婚」をする人々が急増(写真=3点:陶山 勉)

 「バーチャル婚」。今、オンラインゲーム内で結婚の契りを結ぶカップルが増えている。1兆4000億円市場といわれるが、中でも業界大手ネクソンの主力ゲーム「マビノギ」は戦闘だけでなく、料理や音楽演奏などの日常生活が体感できることで人気を集める。「日常生活の一つとして、出会ったプレーヤーと結婚式を挙げられるシステムを取り入れた」(運用本部の阿曽沼義典)

「リアル婚」との狭間

 ゲームの中でも結婚式にはカネ(ゲーム内の「ゴールド」)が必要で、戦闘などで入手する。ゲーム内結婚した23歳の女性は、「彼が戦いで助けてくれた」ことがきっかけで結婚したという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3416文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「家族」を考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。