全5139文字

準備を尽くした記者会見で殊勝に頭を下げることは、もはやできて当たり前だ。会社が一体となり、覚悟を決めて対処しなければ、不祥事の連鎖は止まらない。反省したはずなのに何度も謝罪会見に追い込まれる「だらだら謝罪」はなぜ起こるのか。

 日産自動車や日本大学に埋もれた感もあるが、2018年は企業による不祥事も相次いだ。前年から引き続いて多かったのはメーカーのデータ改ざんや検査不正だ。コミュニケーション不足で状況が把握できず、何度も失敗を繰り返す「だらだら謝罪」が目立った。

大阪府庁舎は改ざん疑惑の免震装置を設置(写真=毎日新聞社/アフロ)
KYB製品を使う東京スカイツリーは「安全宣言」を出した(写真=アフロ)
KYBの装置を採用する徳島県立中央病院(写真=毎日新聞社/アフロ)

 「一度ならまだしも次が出てくるのは勘弁してほしい。謝罪も説明もやり直し。やってられない」。大手ゼネコンのトップは取材をオフレコに切り替えるや、油圧機器メーカーのKYBに文句を言い始めた。11月15日、KYBは建物に組み込んで地震の揺れを軽減する免震・制振装置で、新たな不正行為の疑いが判明したと発表した。最初の発表から1カ月、外部調査委員会の社員への聞き取りで発覚した。KYBの装置を使うゼネコンが全国でおわび行脚を重ねる最中に、不適合品を納めた物件が増える可能性が浮上したのだ。

 KYBは10月16日、03年1月から15年近くにわたって検査データを改ざんしていたことを公表した。工場作業員の「内部告発」がきっかけとなった。