混迷の時代、日本は世界の強者とわたり合わねばならない。タフネゴシエーターたちの壁をどのように乗り越えればよいのか。まずは「世界の意思決定者」たちを、もっとよく知る必要がある。