10代でプロの世界に挑戦する若きアスリートがいる。100歳を超えてなお活躍する女性フォトジャーナリストもいる。若者と高齢者。その両者に「明日」はある。