フィンテック革命が世界で広がるが、日本はスピード感に乏しい。原因はサービス供給者側にある。金融界を仕切る「大手町・霞が関組」とIT業界をリードする「渋谷・六本木組」の間にある深い溝。両者がコラボレーションをすることが、フィンテック先進国になる第一歩だ。