フィンテック革命が世界で広がるが、日本はスピード感に乏しい。原因はサービス供給者側にある。金融界を仕切る「大手町・霞が関組」とIT業界をリードする「渋谷・六本木組」の間にある深い溝。両者がコラボレーションをすることが、フィンテック先進国になる第一歩だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2337文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 知らぬと損する フィンテック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。