産業革命の発祥地である英国、IT革命の米国、この両国で今フィンテック革命が進んでいる。その本質は、金融の大衆化。銀行など旧勢力はその台頭に危機感を募らせる。革命の本丸は仮想通貨だ。その仕組みは世界の秩序を根底から覆す破壊力を秘めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6156文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 知らぬと損する フィンテック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。