炎上を防ぐために何が必要か。リスク管理のためのマニュアルは基本中の基本だ。だが、消費者への誠意や現場の目線をトップが持たなければ、謝罪の効力はなくなる。不正や不祥事を律する自浄能力を持てるかどうかが、組織の命運を分ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2078文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年12月12日号 40~43ページより

この記事はシリーズ「特集 謝罪の流儀」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。