事故や不祥事が起きた際に、企業が公表するおわびのリリース。形式は決まっていないが、中には最低限のルールすら守られていないものも散見される。共同通信社や時事通信社で記者の経験もある危機管理広報の専門家、大森朝日氏に添削してもらった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1169文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 謝罪の流儀」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。