企業不祥事も有名人のスキャンダルも、今年の「謝罪シーン」にはネット炎上がついて回る。個人の意見が積み重なって世論となり、巨大な竜巻のように企業に襲いかかる。その威力を見くびり初動を間違えれば、こつこつと築いた企業価値や信頼は瞬時に失われる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6267文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年12月12日号 28~33ページより

この記事はシリーズ「特集 謝罪の流儀」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。