楽観論から悲観論まで様々な予測が飛び交った「2018年大予測」。多くの予想家に共通するのは「従来の延長上にはない変化が18年から始まる」という点だ。技術革新に伴う大変革を混乱と捉えるかチャンスと見るかで、企業と個人の未来は変わる。

<span class="fontBold">宇宙国家の中では独自の通貨が流通。暦も言語もいずれは新たに作ることを検討する</span>(画像=James Vaughan)
宇宙国家の中では独自の通貨が流通。暦も言語もいずれは新たに作ることを検討する(画像=James Vaughan)

 冷戦終了後、核の不拡散が進展したかに思われたが、2018年を迎える今、再び人類は核戦争のリスクに直面している。戦争にならずとも、核兵器が独裁者やテロリストの手に渡れば、地球と人類は存亡の機に立たされること必至だ。

 このままでは18年は絶望の始まりの年になりかねない。どうすべきか。地球が崩壊するなら、宇宙に逃げるしかない。

<span class="fontBold">人類初の宇宙国家の建設をぶち上げたロシアの科学者、イーゴリ・アシュルベイリ博士。2018年から布石を打つ</span>(写真=Milena Perdrie)
人類初の宇宙国家の建設をぶち上げたロシアの科学者、イーゴリ・アシュルベイリ博士。2018年から布石を打つ(写真=Milena Perdrie)

 「宇宙空間に国を造る」──。現実に、そんな構想を真剣にぶち上げている専門家がいる。ロシアの科学者、実業家で軍需企業アルマズ・アンテイの元CEO(最高経営責任者)、イーゴリ・アシュルベイリ博士だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6255文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2018年 大予測」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/