(写真=アフロ)
(写真=アフロ)

約50年家具販売に没頭してきた。仕事に没頭したくて、黒のシャツに真っ赤なネクタイしかしなくなった。良い木材があると聞けば、アフリカの辺境の地まで訪れて部族と交渉し買い付けた。そんな破天荒な家具屋の社長は誰よりも故郷を愛する。

<div class="p_name">1億円の家具を売る男</div><small>関家具社長</small><br /><span class="fontBold">関 文彦</span><small>(75歳)</small><br />(写真=菅 敏一)
1億円の家具を売る男
関家具社長
関 文彦(75歳)
(写真=菅 敏一)

 日経ビジネスには、4320万円のテーブルを売った時に取材してもらいましたが、今、8000万円と1億円のテーブルを2018年以降に販売できるよう仕込んでいます。

 紀元前422年頃まで遡る、長く地中に眠っていた木材を引き上げました。幅が2m、長さも7mを超えます。同じものはもうないと思います。既に問い合わせを頂いております。

 これだけの素材を商品として仕上げられる職人はそういません。木は手挽きでカットしますし、デザインも考えなければならないからです。家具の街、福岡県大川市だからこそ商品として仕上げられたと思っています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り872文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2018年 大予測」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。