(写真=アフロ)
(写真=アフロ)

電子精密機器メーカーのシンフォニアテクノロジーで社長や会長を務めた佐伯氏。人口減による労働力不足に多くの企業がおびえる中、日本に移民は必要ないと訴え続けてきた。「少子化、人口減少の何が悪い」と主張する佐伯氏が見る将来の日本は?

<div class="p_name">「人口減楽観派」の雄</div><small>シンフォニアテクノロジー元社長</small><br /><span class="fontBold">佐伯 弘文</span><small>(78歳)</small><br />(写真=的野 弘路)
「人口減楽観派」の雄
シンフォニアテクノロジー元社長
佐伯 弘文(78歳)
(写真=的野 弘路)

 皆さん、人口減少が悪いと決め付け過ぎですよ。日本は国土全体に占める平野の割合がたった15%しかありません。人口に対して、人間が住む場所と農業ができる場所がどれだけ必要かを考えるべきです。そこから、日本という国土に対して、適切な人口がどれぐらいの人数かを検討すれば、今の日本の人口が国土に対して多過ぎることは明らかでしょう。

 日本のインフラ設備は限界が来ています。日本の国土で広い家に住めて、通勤に1時間もかからない「人間らしい生活」ができる人口がどれぐらいかを考えるべきです。私は7000万~8000万人が適切な人口だと思いますよ。

 国土の広さという視点だけではありません。私は将来、日本には失業者が増えると思います。そうなれば人口増加はむしろリスクでしかありません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り837文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2018年 大予測」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)