(写真=アフロ)

高度成長期からバブル期にかけ「伝説の為替ディーラー」として、その名をとどろかせた若林氏。現在はニューヨークを拠点に日本経済を俯瞰する。長年金融市場で積み重ねた知識と経験から、好調を維持してきた株式相場は近々崩れ、その後に、日本経済復活の真のチャンスが待っていると予想する。

伝説の為替ディーラー
ファイナンシャル・コンサルタント
若林 栄四(74歳)
(写真=的野 弘路)

 2018年はとりあえず、米国が潰れる年になるでしょう。もうこれは、間違いないと私は思っているんですよ。

 今は世界にはお金があり余っています。日本銀行は国債購入を通じて400兆円を市場に送り出しましたが、米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)などを合わせると、1000兆円を既に世界に供給されていて、マネーがパンパンに膨れ上がった状態です。

 これによって株価が上昇はしたが、まやかしの繁栄に過ぎません。実体経済は成長していない。物価はゆがめられないから、ずっとデフレ状態。イエレンFRB議長が、インフレにならない理由について「コナンドラム(難問)」と言っていますけど、そうじゃないんですよ。デフレが本来の姿で、全然成長していない今の世界経済を正しく表しているのです。