100円ショップ最大手「ダイソー」を展開する大創産業の創業者。ハマチやフグの養殖業、百科事典のセールスなど職を転々としながら1972年、移動販売業を開始。“百均帝国”を築き上げる。小売業界の革命児は2018年をどう生き抜くのか。

“百均”の神様<br /><span class="fontSizeS">大創産業社長</span><br /><span>矢野 博丈<span class="fontSizeS">(74歳)</span></span>
“百均”の神様
大創産業社長
矢野 博丈(74歳)
(写真=森本 勝義)

 小売業界の2018年なんて難しいことは分かりません。でも、ダイソーの業績は好調で、18年もいい結果が期待できそうです。

 今まで経営をしながらずっと綱渡りしている気分で、「ただひたすら守るしかない」とか「毎日会社が潰れる夢を見る」とか後ろ向きなことを言い続けてきましたが、創業から45年たち、ようやく一息付けた気がします。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1141文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2018年 大予測」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/