説明不要の発明家。自称「エジソンを抜く世界第一位の発明件数」を誇り、「トランプ(米大統領)は教え子」と豪語する。がんによる余命宣告から2年たつが、自ら発明した謎の「がんがんロボット」による治療で健在だとアピール。日本が誇る奇才が予測する2018年の世界とは?

日本が誇る奇才<br /><span class="fontSizeS">ドクター中松創研代表</span><br /><span>ドクター・中松<span class="fontSizeS">(89歳)</span></span>
日本が誇る奇才
ドクター中松創研代表
ドクター・中松(89歳)
(写真=稲垣 純也)

 2018年はAI(人工知能)が注目なんて言われるけど、あんなものは大したことない。技術の分からない人が勝手に持ち上げているだけで、非常に世間では誤解がある。

 だってAIはネコとイヌの区別がつかないんだよ。幼稚園児以下じゃない。どんどん学習するっていう触れ込みだけど、今のところその可能性はないね。AIをやってる人がPRしてるだけ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1114文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2018年 大予測」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)