小泉政権時代に日本経済の「聖域なき構造改革」を断行した竹中平蔵氏。経済を成長させる上昇気流とその背後でうごめく嵐を知る同氏が、元経済財政担当相として、経済学者として2018年の風向きを読む。

聖域なき構造改革者
東洋大教授・慶応大名誉教授
竹中平蔵(66歳)
米英に吹く経済成長の風 日本と中国で嵐の予感
(写真=稲垣 純也)
(写真=稲垣 純也)

 私は経済に影響を及ぼす事象を“偏西風”と“乱気流”に例えています。2018年はその偏西風と乱気流の両方が17年より強く吹くでしょう。風は世界中で吹きますが、注目は米国、英国、中国、そして日本です。

 吹き続ける偏西風とは経済成長のこと。今はAI(人工知能)やFintechなどの第4次産業革命による成長です。18年に偏西風をつかんで飛躍が予想される注目の国は、米国と英国です。米国は多くのベンチャー企業が登場しているように勢いがあり、18年もその成長は続くでしょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1777文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2018年 大予測」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/