不祥事を起こした企業の記者会見に最も多く出席しているのが、新聞やテレビ、通信社の社会部記者や、週刊誌に所属する記者。経験豊富な記者たちに、有事における企業の対応やトップの発言に対する本音を語ってもらった(個別取材を基に構成した)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2750文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 謝罪の流儀」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。