かつて火災事故への対応で「危機管理の手本」とたたえられた旭化成の姿は、見る影もなかった。目的が曖昧な会見、半歩遅れた対応…。経営陣は刻一刻と変わっていく状況に翻弄され続けた。