古くて新しい経営課題「間接部門対策」には、多くの名経営者が頭を悩ませてきた。試行錯誤を経て多くの日本企業がとりあえず、たどり着いたのが「アウトソーシング」。だがそれも、その後の経営環境の変化と技術革新で最適解ではなくなりつつある。