間接部門が仕事の“邪魔”をする──。そんな不満を持つ直接部門の社員が増えている。実情に合わないルールを導入する一方、形骸化した古い仕組みは固守する。「存在意義を守るため、無理に仕事を作っている」。これが多くの直接部門社員の見立てだ。