全5296文字

2013年から展開され、累計40億杯を売り上げたセブン-イレブン・ジャパンの「セブンカフェ」。店員からカップを受け取りレジ横のマシンで顧客が自分でコーヒーを抽出するサービスで、1杯100円からの手軽さもあって、カフェや缶飲料など既存のコーヒー市場を侵食する基幹商品に成長した。