商品や企画自体に大きな問題がないにもかかわらず、いまひとつ盛り上がらない。そんな「残念な商品」は、本質以外の部分でやってはいけないことをしている可能性がある。その最たるものが、当事者が良かれと思って付けている宣伝文句だ。

日本のベニス、大ブレークはいつ?

 日本海に臨む港へ内陸から延びる約2kmの運河沿いに、北前船の中継地を彷彿させる風情ある街並みが続く。遠くには標高3000m級の立山連峰。係留された漁船を縫うように遊覧船がノスタルジックな12の橋梁を潜り抜け進んでいく──。

日本のベニス(富山県内川)
観光客数▲26.6%(県全体3.2%)
注:富山県内川は「川の駅新湊」への来客数
富山県内川はノスタルジックな川辺の雰囲気が魅力

 ここは富山県射水市内川。「日本のベニス(ベネチア)」を標榜する富山県が推す観光スポットだ。

 行政のバックアップの下、長年漁業の町だった内川の観光地計画が本格化したのは約20年前から。観光案内所と物産館を兼ねた「川の駅」を整備し、様々な集客イベントも開催し、2016年公開の、竹野内豊氏やビートたけし氏など有名俳優陣をそろえた映画『人生の約束』のロケ地誘致にも成功した。