消費者ニーズを捉え、価格も適正で、新技術も搭載している。なのに、期待したほどのヒットに結びつかない。そんな「残念な商品」は世の中に少なくない。企業の商品・サービスから官公庁のプロジェクトまで、商品や企画そのものに大きな問題がないにもかかわらず、売り上げが伸びなかったり、普及しなかったりするのはずばり、宣伝やデザイン、追加機能といった“本質以外の部分”に問題があるからだ。物はいいのになぜか売れない──。そんな事態に陥らないための「やってはいけないこと」を取材した。

(山田 宏逸、武田 健太郎、広田 望)

INDEX


この記事は会員登録で続きをご覧いただけます