今年7月に2017年の世界文化遺産登録を目指す候補に選ばれた福岡県の古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」。2016年2月までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出し、2017年にユネスコ世界遺産委員会で審査を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2080文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年11月30日号 44~45ページより

この記事はシリーズ「特集 おらが村のインバウンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。