> PART 1 トップ

京都知七で働く高林氏。弟の達雄氏(29、右)も2017年春に就農した(写真=菅野 勝男)

 京都中心部から車で1時間ほど行くと、昔ながらの風情が残り、かやぶき屋根の家が広がる京北地区に着く。少子高齢化が進み、耕作放棄地も目立つ同地区。その中心部に例外的に、整然と整備された4ヘクタールのネギ畑が広がる。畑の真ん中で収穫作業の準備をしているのは高林洋太氏(33)だ。

 高林氏は今、約5トンの九条ネギを年2回収穫し、全国約250の飲食店に卸している。いずれは周囲の耕作放棄地を集め、京北地区を南北に貫く周山街道(国道162号線)沿いをネギ畑で埋め尽くすのが夢だ。

 そんな高林氏だが、2年前まではおよそ将来の夢など描ける環境になかった。