所得税をはじめとする税負担などを重いと感じている年収1000万円前後の人たち。日本の税制をつかさどる財務省主税局はこうした人たちの存在をどう考えているのか。