中国最大の国有企業に6000億円もの巨費を投じた伊藤忠商事。無謀にも映る決断の裏には、“井戸を掘った者”ならではの深謀がある。中国が歴史的転換期を迎える今、新たな関係構築が必要だ。=文中敬称略

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4089文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 勝ち組が見るニューチャイナ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。