トランプ次期大統領は国内だけでなく、国外でも壁となりそうな難題を抱えることになる。特に米国の覇権に挑戦し始めた中国との関係は世界を揺るがしかねない。両国の行く末は、間に位置する日本の未来をも左右する。

<b>映画監督スティーブン・スピルバーグ氏(左)の制作会社はジャック・マー氏(右)が率いるアリババ集団と提携した</b>(写真=VCG/Getty Images)
映画監督スティーブン・スピルバーグ氏(左)の制作会社はジャック・マー氏(右)が率いるアリババ集団と提携した(写真=VCG/Getty Images)

 10月9日、中国ネット通販最大手、アリババ集団は中国・北京で映画部門の発表会を開いた。同社の創業者、ジャック・マー会長とともに登場したのは、「E.T.」や「プライベート・ライアン」を監督した米映画界の巨匠、スティーブン・スピルバーグ氏だった。

 アリババ傘下の映画会社、アリババ影業集団はこの日、スピルバーグ氏らが設立した制作会社、米アンブリン・パートナーズと提携すると発表した。アリババはアンブリンの少数株主になるとともに、経営陣にも人材を送り、資金の調達から作品の制作まで幅広く協力する。

中国人留学生は30万人を突破
●米国に留学する人の数
中国人留学生は30万人を突破<br /><span>●米国に留学する人の数</span>
出所:米国国際教育研究所
[画像のクリックで拡大表示]

 マー氏は発表会で「スピルバーグ氏は世界で最も影響力のある映画人であり、企業家だ。今回の提携は、世界のコンテンツへのニーズが高まり続けている中国の次世代の消費者にプラスの影響を与えるだろう」と話し、スピルバーグ氏と未来の技術などについて語り合った。

 スピルバーグ氏もついにチャイナマネーの軍門に下ったか──。今回の提携にはこんな見方も出ている。というのもここ数年、ハリウッドと中国は急速に接近しているからだ。

 中国の不動産大手、大連万達集団(ワンダ・グループ)は今年1月に米映画会社、レジェンダリー・エンターテインメントを35億ドル(約3700億円)で買収した。さらにワンダは、ソニーの映画子会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントとも提携した。

 アリババと並ぶ中国のネット大手、騰訊控股(テンセント)も今年8月、米STXエンターテインメントに出資した。

続きを読む 2/5 米映画に中国製牛乳が登場

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4473文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 トランプとアメリカ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)